var vc_pid = "886686399";

オーディオブックを楽しむお勧めイヤフォン

オーディオブックのお勧めツール

オーディオブックを聴くのは運転しながら、運動やジョギングの途中に、散歩に、
料理や家事の間に、通勤途中になどナガラ時間の有効利用にピッタリです。

でも、いつもイヤフォンで聞いてると鼓膜直接振動ですので疲れてきます。

ヘッドフォンでいつも音楽聴いていると耳が疲れて、難聴の原因にもなります

そんな時お勧めのツールを二つ紹介します。

イヤフォンと併せて使うと大変便利です。

骨伝導イヤフォン

最初に紹介するのは骨伝導イヤフォンです。

骨伝導イヤフォンとは骨伝導技術により、音を振動により聴視覚神経に
直接伝えるものです。

空気ではなく骨を振動させて音を伝えます。

そのため、通話/音楽聴きながらでも、環境音(車の音や信号の音、
緊急車両のサイレンなど)をしっかり聞き取れます。

オフィスで仕事をしながらお気に入りの音楽を聴く事ができます。
同僚に話かけられても気づくことができるため、仕事の円滑化に役立ちます。

音楽を聴きながら料理や洗濯を行い、子供の泣き声にも注意することが可能です。
耳を塞がないオープンイヤーデザインのため、痛みや伝染病、
難聴のリスクも下がります。

今では種類も豊富です、骨伝導のため、耳タブにかけ、コメカメあたりに振動部分を
あてて聞きます。

  1.  鼓膜を通さないため周囲の音が聞こえ、周りとのコミュニケーションが出来る。
  2.  鼓膜を通さないので難聴などの弊害がない。
  3.  騒音の大きい職場で耳栓していてもコミュニケーションが出来る。

  1.  基本的にはスピーカー振動をコメカミなどを通じて聴神経につたえるので
     程度問題ですが音漏れがします
    ・以下家族に静かな場所で30から50センチ程度の距離で試しました。
    ・使用機器は米国のAfterShokz(アフターショックス)の
     15000円程度のもの。

    1)音漏れの程度ですが対談や朗読などの声のみでは近距離でも
      聞こえないようです。


    2)但し、音楽は何か音がしているのが分かるみたいです。

    結論として、静かな場所での使用は避けた方がいいかもしれません。
    電車通勤途中での使用は遠慮した方がいいでしょう。
    家事やジョギング、散歩、ジムなどでの使用がお勧めです。

  2.  もう一つ、骨伝導の仕組みの問題ですが高級イヤフォンなどに比べ
     音質に差が出ます、最近はかなり改善されていますし、
     オーディオブックで気にすることはないでしょう。
     

気になる骨伝導イヤフォンを紹介します

1.AfterShokz Airオープンイヤーワイヤレス骨伝導ヘッドフォン

  • 耳を塞がずに音楽を楽しむことができる野外で安全な骨伝導ヘッドホン
  • チタン合成素材で柔軟性と耐久性に優れた本体約30グラムの超軽量設計
  • プレミアムサウンドでフルの音域を再現、音漏れを防ぐ機能
  • 汗をかくエクササイズや雨天での運動時にも安心して楽しめるIP55防汗設計。

2.AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0

連続再生/通話が可能。僅か26gの超軽量ボディーがヘッドホンを装着している事
を忘れるほど軽い。

イヤホンには柔らかい素材を採用し、長時間つけていても顔に圧迫感を与えにくい設計。
眼鏡やサングラスを利用する方でも干渉せず骨伝導ヘッドホンを楽しめます。

激しい動きがあってもしっかりフィットし、スポーツ、トレーニング中脱落
心配いらずに楽しめます。

3.AfterShokz Titaniumオープンイヤーワイヤレス骨伝導ヘッドフォン

AfterShokzのお手頃価格製品、IP55の防水規格を取得しており、
エクササイズで汗をかいたり、小雨などにあっても使用できます。

4.Vidonn F1 骨伝導イヤホン 耳掛け式 Bluetooth ヘッドホン チタン合金

お手軽価格、ABS+チタン合金を採用しているから、柔軟で耐久性があり、
軽くて便利で、自転車やランニングなど激しい運動中でも安定して
身につけることができる。

5.ソニー ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

  • 唯一の下から装着するソニー独自の音導管設計により、周囲の音と
    イヤホンからの音がブレンドされる新しいリスニングスタイル
  • Bluetooth対応 オープンイヤースタイルをワイヤレスで手軽に
  • 最大7.5時間の連続音楽再生が可能なロングライフバッテリー
  • 小型・軽量かつ「耳を塞がない」構造なので、長時間の装用でも疲れにくい。
  • メガネと干渉しにくく、より多くの耳の形にフィットしやすい下掛けスタイル
  • 3種類のリングサポーター付属(S / M / L) より安定した装着性を実現。
  • リモコン部にマイク、ボリューム、マルチファンクションキーを搭載しているので
    リモート会議や通話でも使えます。

ウエラブルスピーカー

肩に掛ける、首掛けスピーカーのことをウェアラブルスピーカーと呼びます。


耳にあてるイヤホンやヘッドフォンとは異なりますが、首の下から迫力ある
音楽が聴けます、それでも肩がこらないかとか、音質はどうかなとか、
運動しながら聴けるのか、音漏れや価格などはどうなっているのか等
知りたいことは一杯あります。

首にかけるだけなので装着は簡単です、家事やジョギングなどにも最適だと思います。

オーディオブックで使い分けたい機器の一つで、難聴予防は勿論、耳があくので
周辺への注意やコミュニケーションが出来ます。

長所はほとんど骨伝導イヤフォンと同じで、耳を塞ぐ弊害に対処したものです。

  1.  耳を塞がないので周囲の音が聞こえ、周りとのコミュニケーションが出来る。
  2.  鼓膜を通さないので難聴などの弊害がない。
  3.  ヘッドフォンや骨伝導イヤフォンみたいに頭の一部にかける必要がないために
     首に掛けるだけなので比較的気軽に使える。
  4.  最近は音漏れ防止、リモート会議のためにマイク、イヤフォン付きもあります。
  5.  軽い機種も増えており家事、散歩などでオーディオブックを聴くのはお勧めです。

短所は

1 短所というよりも当たり前ですが、音漏れします。
  構造上スピーカーがネックのリングに配置されています。
  なので、本当に小さな音で済みますが音漏れは程度差はあれします。
  
  『ウエラブルスピーカーの目的の一つにテレビのスピーカーボリュームを
   上げなくて聞こえるような難聴対策や騒音対策が目的の一だからです

  

2 音漏れの程度が気になりますが、機種により違いがあります。

  ・目的の一つ、隣に遠慮してテレビのボリュームを落として聴く、
   なので耳元で聴く小さな音の音漏れ防止には力点がおかれていません。

  ・もう一つの目的は難聴の方のテレビ等の視聴への配慮です。
   (家族とテレビの視聴時に難聴者に不便をかけないためです)

3 最近の普及の傾向はリモートワークの普及に伴い、骨伝導イヤフォンと同じく
  耳の負担を減らすための使用方法が主流になってきました。

  マイク付きのものや折り畳み出来る物も出てきました。

4 人それぞれだと思いますが、肩にかけるので重いものだと肩がこる。
  軽いものを選ぶようにした方がいいでしょう。

5 音質が悪い、音質については骨伝導イヤフォンも同じですが音質追求は
  別に考えるべきです ☛ オーディオは別途

6 但し、オーディオブックを聴くのは便利でお勧めです。

お勧めのウエラブルスピーカーを紹介します

今使っているウエラブルスピーカーはテレビがAQUOSなのでAQUOSネックスピーカー
を使っていますが、テレビ用では使用せずにYouTubeやオーディオブックで使用する
機会が多いです。

リモート会議や散歩では家族や周囲に多少なりとも聞こえるので骨伝導イヤフォンや
折り畳み式のマイク付きネックスピーカーを使用しています、
でもネックスピーカーは楽ですね、掛けるだけですから。

全てBluetooth対応です。

1 AQUOSサウンドパートナー


売れ筋製品で、bluetooth対応 本体約88g軽量設計なので長時間つけていても平気です。

2 ソニーネックスピーカー

  • 専用に開発されたΦ30mm口径のフルレンジスピーカーユニットを左右に搭載。
    首回りに配置することで小型ながらもパワフルな視聴体験空間を実現。
  • 左右それぞれのスピーカーに低音を増強する振動板「パッシブラジエーター」を搭載。
  • 映画のアクションシーンやライブ映像のドラム・ベースの低音部分が振動として再生。
  • 振動します、迫力あります、家電量販店の視聴コーナーにELテレビと
    組み合わせて置いてあります、ご興味ある方は視聴してから考えた方
  • がいいかもしれません。
  • 音は良いですね、少し重いですが。

3 KENWOODネックスピーカー

  • Bluetooh対応パソコンと接続することで、TV会議用のパーソナルスピーカー&マイク
    として使用できます。
  • スマートフォンに収録された音楽がワイヤレスで楽しめます。また、
    高音質コーデックaptXに対応。より高音質なサウンドと音ズレを少なくしました。
  • 重さも90グラムと軽いので掛けていて気になりません。
KENWOOD(ケンウッド) ウェアラブルネックスピーカー ワイヤレススピーカー(ブラック) CAX-NS1BT-B JVC KENWOOD

4 JVCのネックスピーカー

メーカーがナガラ使用を意識してアピールポイントにしています。
アピールに負けない商品で軽いです。

5 サンワダイレクト ウェアラブルネックスピーカー

マイク付き、SDカードも装着できますのでmp3でダウンロードして
オフラインで聞けます。

アドバイス

テレビに装着するBluetoothトランスミッターについて一言。

オーディオブック用には問題ありませんがテレビの音との兼ね合いを考えた場合
テレビによってはトランスミッターが必要になります、

紹介した商品にトランスミッター付きの製品もありますが、
Bluetoothに音声を切り替えた場合
テレビの音声が聞こえなくなるケースがあります、音声出力は一つの
場合が多いからです。
また、ボリュームが小さいケースもあります。

これらのケースを回避するには、テレビの光出力につなぐことのできる
トランスミッターを別途購入した方が良いことが多いです。

詳細は対象のテレビの種類次第ですから家電量販店でお調べすることをお勧めします。

一台だけ紹介しておきます。

大変便利です、光接続出来ますから音声ボリュームが
テレビとは別途調整出来ます。(テレビにヘッドフォン設定がある場合)

関連サイトです、こちらもどうぞよろしくお願いします。