var vc_pid = "886686399";

半沢直樹とGRAPE FRUITMOON

Amazonのaudible

どちらも有名な小説です。

二冊聴きました、読書の秋ですが本を聴いてました。

半沢直樹はAmazonAudibleで、GRAPE FRUITMOONはPodcastです。

二冊を紹介します。

1 半沢直樹 アルルカンと道化師 Audible

ご存知、半沢直樹シリーズ『アルルカンと道化師』です。

作     池井戸 潤

ナレーター 吉田健太郎

時間    9時間18分

半沢直樹シリーズの最新作です、テレビの影響が強く吉田さんの朗読もつい

つい、朗読に聞き入ると堺雅人さんを想像します。

良い天気になったのでウオーキングしながら、骨伝導イヤフォンで聞いてました。

半沢直樹シリーズの最新刊になります、ストーリーはここでは控えさせていただきます。

吉田健太郎さんの見事なナレーションで引き込まれ、歩く距離が増えました。

シリーズの中では珍しい題材ですが、いつもながらのサラリーマンが

転勤が怖くて働けるか、というのがハートににきます、なんせ転勤が嫌なもので・・・。

何れにしろ、ナレーションはグッときます、スカッとします。

骨伝導イヤフォンのお蔭で運動しながら聴いてます。

読書の秋ですが、スポーツの秋、一挙両得、聴きながらの秋でもあります。

堪能しました。

ちなみに、使っている骨伝導イヤフォンは次のものです、やはりAfterShokzが

音、掛け心地、良いですね、軽いし音漏れもほとんどしません。

これも値段手ごろで家族が使っています。

2 GRAPE FRUITMOON Podcast

作     高崎 卓馬

ナレーター 向井 理

時間    3時間40分位(1話20分超で10話構成)

作者の高崎卓馬は多彩な人物、電通出身のクリエイター、本作品は未来

の一寸切ないSFバラエティ小説、向井理の切々とした語り口で少々

ジーンときます。

今の季節、意外とあっているかもしれません。

奇想天外、創造出来ない展開、ストーリーです、向井理は聞かせます。

これが、無料です、Podcastで聞けます。

運動しているときには向いて無いかもしれませんがウオーキング中に聞いてました。

一杯やりながら、秋の月をベランダで眺めながら聴くのにいいですね、

自宅ではネックスピーカーで聞いてます。

これも楽です、つけいているのを忘れます。

KENWOOD ケンウッド ウェアラブルネックスピーカーはマイク付きなのでベランダで使うのに

スマホで会話出来るので最適です。

Podcastでは私の好きな武田鉄矢の『今朝の三枚おろし』も聴けます。

独特の語り口が耳に心地よく入ります。

特に司馬遼太郎は得意みたいですし、世界観が面白いのでよく聞いています。

無料が良いですね。