var vc_pid = "886686399";
Amazonのaudible

名作を聴こう YouTubeオーディオブックでながら読書

オーディオブックで聴ける古典を紹介します。古典を聴くとあらためて本の良さが再認識されます。散歩、家事、車や電車の移動時にながらで古典を聴いてみたらどうでしょう、ナレーターの朗読の巧みさに感動し本の良さを再発見すると同時に表現の豊かさなどが一服の清涼剤となります。
Amazonのaudible

AmazonAudibleは休会できます

聴く(読了)スピードがコイン配布スピードについていけない場合Audibleは休会出来ます。仕事や何らかの都合で本を聴く時間がとれず、コインが1枚/月に1枚ずつ配布され、好きな本を選択出来、聴く事が出来ますがコインの配布に聴了するスピードがついていけなくなりコインが余ってきた場合は休会出来ます。
オーディオブックのお勧めツール

長時間聴いても耳が疲れない!骨伝導イヤホンAfterShokz OpenMoveを評価しました

2020年にリリースされたOpenMove AfterShokz骨伝導イヤホンの仕様について記載します。利用場所や用途を選ぶ製品ですが使うと手放せなくなります。TV会議、audiobookなどで耳が痛くでなってしまう方は試す価値アリです。
audiobook.jp

児童専門のオーディオブックが出ました

日本では最大手のオーディオブック会社オトバンクから児童向けのオーディオブック『みいみ』が出ました。 特長は物語の登場人物になれることです、声の成長記録になりますし活字の苦手な子や寝かしつけるときに最適です。 英語の本も出ましたお子様のオリジナルで本も作れます。
Amazonのaudible

Amazonで高額な英語教材(TOEIC)を無料でゲット!

AmazonのAudiblから高価な語学教材を無料でゲット、入試や入社試験、会社での昇進にも注目される英語能力、特にTOEICの点数はその目安にされることが増えました。リモートで家にいる機会に無料でAmazonのAudibleからゲットし語学能力を鍛えましょう。
オーディオブックのお勧めツール

ウエラブルスピーカー&トランスミッター レシーバー組合せレビュー

ウエラブルスピーカーと光端子付トランスミッタレシーバーの組み合わせレビュー記事です。テレビの音量と別々に調整できる機器の組み合わせとメリットデメリットなど、ウエラブルスピーカーを折角買ったのに音量調整がテレビでしかできない方向けの解決方法を紹介しています。
Amazonのaudible

Amazon Audibleに本一冊ボーナス特典が追加

AmazonのAudibleにお得な特典が追加されました、従来のコインで書籍が買えるに加えてボーナスタイトルで一冊聴ける本が提供されるサービスが追加されました。 更に従来のメンバーだと無料で聞けるAudibleStationがポッドキャストと名称変更になり、サービスもグレードアップしています。
Amazonのaudible

半沢直樹とGRAPE FRUITMOON

半沢直樹シリーズの最新作アルルカンと道化師、とグレープフルーツムーンを聴きました、半沢直樹は池井戸潤、グレープフルーツムーンは高崎卓馬、半沢直樹シリーズは相変わらずスカッとします、ウオーキングに最適です、一方、グレープフルーツムーンは向井理がナレーション切ないSFラブコメディーです。
聴く本とは

YouTubeで本を聴いてみた

YouTubeで本を聴いてみた、YouTubeの朗読チャンネルの有名どころの一部を紹介しています、ほとんどが著作権の切れた作品か作者の許可をもらった作品なので同じ作品が異なるナレーターで朗読されます、朗読聞き比べも醍醐味です。
Amazonのaudible

Audibleとkindle併用、AmazonPrime会員はお得

AmazonPrime会員は多くの特典が用意されています、kindleでは無料で読める本が、ビデオでは無料ビデオが、ミュージックも多くの音楽が無料で聞けます、買い物も配送料は無料、kindle本とのオーディオブックとの組み合わせも特典と併せお勧めです。
オーディオブックのお勧めツール

オーディオブックを楽しむお勧めイヤフォン

オーディオブック用に最適で楽なツールを二種紹介します、ウエラブルネックスピーカーと骨伝導イヤフォンで、どちらもBluetoothで接続するタイプです。 耳を塞がないので疲れや難聴予防、また、周囲の音を聞くことが出来るので生活上非常に便利です。
Amazonのaudible

オーディオブックの本の選び方のヒント

オーディオブックの本の選び方で気を付ける事を全くの独自の視点からまとめました、参考になれば幸いです、また、独断と好みから最初に選ぶお勧めの一冊を載せました。